LPOとはいったい何?注目のWEB用語を学ぼう!

フリーランスでいろいろな情報のサイトを運営している人や、マーケティング業界にて活躍している人にとって、重大な意味合い・目的を持つ「LPO」。

そのWEBサイトで情報をリサーチするために訪問したユーザーが、探していた情報をカンタンに把握したり、そこからさらに掘り下げていろいろな詳細を深堀していく、LPOには一言では言い表せないほどの目的・特徴があります。

ここでは、WEBサイトを運営しているあなたの実績UP・スキルアップを目指すため、重要なWEB・マーケティング用語として注目を集めているLPOについて、特徴や目的、使い方の手順などを参考にしてみましょう!

 

LPOにはこんな奥深い意味合い・目的があった!

 

マーケティング業界に従事している人・フリーランスでサイトを運営している人にとって、アクセス数を伸ばしたり、そのWEBサイトで紹介しているサービス・商品の知名度・売り上げを高めることは、もっとも重要な目標・目的となるものではないでしょうか?

LPOには、WEBサイトの活性化を図る、次のような大きな意味合い・重要性が秘められているんですよ。

 

ランディングページの最適化イコールLPO!

 

Landing Page Optimizationの略語であるLPOは、ランディングページの最適化をするという、大きな役割・目的があります。

LPOと深いかかわりのあるランディングページとは、

 

  • 検索連動型広告
  • 一般的なネット広告
  • サービスの活性化や商品の売り上げを伸ばすアフィリエイト広告
  • バナー広告
  • 重要なKWを盛り込んでアクセス数を高めるSEO広告

 

など、いろいろなカタチのWEB広告を統一した総称のこと。

これらのWEB広告を、閲覧したユーザーが商品購入をしたり、サービスを受けるための登録利用をして収益・最適化を図ることがLPOとなります。

LPOを上手に活用して、ランディングページの最適化を図るためには、

 

  • 構成を工夫する
  • トレンド情報を多く盛り込む
  • ユーザーが検索しやすいKWを多く使う

 

などのノウハウ・スキルが必要になります。

 

そもそもLPOの目的って何?

 

ランディングページの活性化・最適化を狙うために欠かせないLPOは、

 

  • WEBサイトでの費用よりも効果の高い集客を実現すること
  • WEBサイトに訪問したユーザーが最後まで情報を読み進めること
  • WEBサイトにて紹介している商品の購入やサービスの利用につなげること

 

といったさまざまな目的があります。

WEBサイトを自身で運営していたり、マーケティング業界でWEBサイトの集客を狙うとき、それなりにアクセス数があっても、ユーザーがすぐにそのWEBサイトページを離れてしまう、といった悩みやトラブルに遭遇した経験はありませんか?

このようなトラブルは、ユーザーがすぐにWEBサイトのページを離れてしまったことで、商品購入やサービスの利用につなげることができなくなってしまうので、WEBサイトを運営・作成する意味合い・目的が見いだせなくなります。

WEBサイトに何らかの情報を求めて訪問するユーザーは、わずか3~5秒の間で、自分が求めている情報があるのかどうかを判断するという、厳しいデータも報告されているほど。

そのため、ランディングページやWEBサイトは、ユーザーが直感的に「これだ!」と思えるような情報を把握できるかどうか、デザインの工夫や、わかりやすくまとまったアピール文章に整えておく必要があります。

WEBサイトやランディングページを運営する過程で、LPOを上手に活かせるようになると、

 

  • 直帰率(サイト訪問したユーザーがすぐにページを離れてしまうこと)を低くする
  • WEBサイトの費用よりも効果、収益を大幅に向上できる

 

などのメリットが実感できるようになります。

すると、フリーランスやサイト運営者にとって、ランディングページを作成・管理・運営するモチベーションがより高まるため、気持ち的な面でのメリットも実感しやすくなります。

 

知りたい!LPOの手順と押さえてきたい注意ポイントは?

 

LPOの目的やメリット、このスキルを身につけておくことは、ランディングページ・WEBサイトを運営する人全員にとって、やりがいやさらなるステップアップ、大きな目標を持つきっかけにもつながることがわかりましたね。

ここでは、LPOを実際に活用するときの基本的な手順と、見落としてしまうやすい注意点を合わせてチェックしてみましょう。

 

LPOの手順

 

LPOを実際にランディングページに活かしていくためには

 

  • Googleアナリティクスを利用→アクセスログの分析、直帰率、平均滞在時間、PV数を把握しておく
  • 運営中のWEBサイト、ランディングページの基本構成を見直す→メイン画像やキャッチコピー、ユーザーと共感するメッセージ、解決策、その商品やサービスだけの強み、オトクに購入や使用ができるキャンペーン情報など、オファー

 

のふたつのポイントを意識しておくと、わかりやすくてまとまりがあり、なおかつインパクト・興味を惹く内容に仕上がり、アクセス数をどんどん増やすことができます。

 

LPOを活かすときの注意点

 

LPOを活用するときは、

 

  • 直帰率が高い場合:ユーザが求める情報がわかりやすく、インパクトをつける
  • 狙っているKWとは違ったKWでの閲覧が多い場合:KWごとの情報を見直し、新たなページを作成してまとめる

 

といったトラブルが起こりやすくなるため、原因にダイレクトにアプローチできるような内容の見直し、構成の再構築、重要KWに対しての明確な答えがUPされているかどうか、もう一度現状のWEBサイトを確認してみましょう。

 

~おわりに~

 

LPOが活きたWEBサイトやランディングページの管理・運営は、ビジネスマンにとって、とても良いことをしているような気分になるもの。

お伝えしたLPOの目的や意味合い、基本の手順をもう一度見直しながら、常にユーザーが求める情報がUPされた、信頼されるサイト運営を目指してくださいね!

プロフィール

川本祐也