管理業務の専門用語!PDCAの目的・意味とは?

さまざまな企業で導入されている、管理業務の一環・セルフマネジメントメソッドの「PDCA」。

この専門用語の意味を知っていても、実際に活かすことは、ある程度の知識やノウハウが必要となるものです。

そこで今回は、PDCAがどんな意味合い・目的を持っているのか、気になる特性と活用することのメリット、回し方のコツをわかりやすくまとめてお伝えしてましょう!

 

PDCAにはこんな意味合い・目的がある!

 

日本ではもちろん、世界各国の有名企業も続々と導入しているPDCA。ここからはさっそく、PDCAの意味合い・目的についてお伝えしましょう。

 

PDCAのアルファベット別の意味合いとは?

 

PDCAサイクルとも呼ばれることが多いPDCAとは、

 

  • plan(計画)
  • Do(実行)
  • check(評価)
  • action(改善)

 

の4つのステップを繰り返しながら、生産や品質の管理業務を継続して改善していくメソッドのことをいいます。

日本では現状、大手・中小企業にかかわらず、PDCAはたくさんの企業に浸透・導入されています。

PDCAの奥深いメソッドは、1950年のアメリカの統計学者によって提唱され、とても長く古い歴史を持っていることが大きな特徴となっています。

 

PDCAの4つのステップを具体的にまとめると?

 

PDCAの4つの段階についてまとめてみると、

 

  • plan(計画):具体的な目標を設定しながら、業務の計画を作成・意識していく段階のこと。今抱えている問題の解決や、利用すべきタイミングを見極めて理解を深め、目標に沿った情報をリサーチしながら、解決策の考案や計画の立案をするステップとなります。
  • Do(実行):前ステップのPにて立てた計画を実際に実践してみるステップのこと。問題を解決するための方法を見つけたら様子を見ながら実践し、どの方法が有効・無効なのかを記録しておくことも必要になります。この時、立てた計画を完璧に実行するよりは、テストをする意識で実践することが次につなげるコツになります。
  • check(評価):PDCAのcheck(評価)は、立案した計画や立てた目標に沿って実践ができていたのかどうかを評価するステップのこと。

    check(評価)のステップでは、実践してみた解決策の結果を、plan(計画)のときの状態とリンクさせながら、予想と比較をします。そして、その解決策がトラブルに有効なのかどうかを判断・評価します。

  • action(改善):PDCAの最後のステップ、action(改善)は、実施した結果を検討・見極めながら、業務中に発生した問題やトラブルの改善を行うメソッドのことをいいます。Pのステップで計画を立て、Dの段階でテストをした結果を、Cで評価したら、最終的なこのaction・Aのステップで実行となります。

 

PDCAを回すときのポイント

 

PDCAは、PDCAサイクルとも呼ばれているように、スタートしてからは永久にそのサイクルを探し続ける必要があり、終わりがないメソッドとなっています。

PDCAの最終的なactionのステップが終了しても、改善したポイント・その時点をあらためてスタート地点・ベースとしながら、よりよい解決策を探し続けることがポイントになります。

 

PDCAにはこんなメリットがある?

 

続いては、PDCAの意味合いや目的、実践することで納得・実感することが多い、メリットややりがいについてご紹介しましょう。

 

PDCAを活かすと集中力が高まる

 

PDCAを導入したビジネスの場では、自分がしなければならないこと・業務上での問題や課題の把握・その問題に基づいた解決策の考案といった意識が明確になるため、すべきことの目的を意識しながら、自然に集中力を高めることができます。

 

目標が持ててビジネスライフが充実する

 

PDCAを上手に活かせるようになると、ビジネスマン個人個人や、組織の目標を明確にしていくことができます。

そのため、目標達成のためのアクションを起こす行動力・実行力が高まり、このプロジェクトにかかわるメンバーの士気もグンとUPするのです。

 

問題の把握と解決策の考案がスムーズになる

 

PDCAは、ひとつひとつのステップに目標に対する成果や失敗の見直し、把握などができるメリットがあります。

そのアクションプランがどのくらい達成していてどの程度不足があるのか把握できるようになるため、目標と結果がかけ離れてしまうリスクを未然に防ぐことができるのです。

すると、改善すべき行動や考え方が自然と身につき、次にPDCAを使うときにはさらに時短での問題解決を狙えるようになります。

 

~まとめ~

 

PDCAの繊細で奥深いひとつひとつのステップは、実践するビジネスマンのいろいろな意見を出し合って、切磋琢磨・刺激し合いながらビジネスを効率化できるメリット・やりがいがあるもの!

目の前にある課題や問題を次々とクリアできる効率性を目標に、企業の実績UPにもつながるPDCAを上手に活用していきましょう。

プロフィール

藤田令