パーキンソンの法則には第一・第二がある!?気になる詳細を徹底解説!

「パーキンソンの法則」というビジネス専門用語に、ビジネスマンのあなたはどんなイメージを持つでしょうか?

実はパーキンソンの法則には第一・第二のふたつの法則が展開されていて、この特性や違いを押さえておくと、ビジネスのシーンではもちろん、充実したライフスタイルの要となるお金の使い方についても見直しができるようになり、悪い習慣を良い習慣・心がけに変えていくことができるんです。

そこで今回は、パーキンソンの法則がそもそもどのような特性を持っているのか、第一・第二法則の違いや対策をわかりやすくご紹介していきます。

 

パーキンソンの法則を学ぼう!第一・第二の法則の特性・違いとは?

 

パーキンソンの法則は、イギリスの歴史学者として知られているパーキンソン博士によって、1958年に提唱された法則のひとつ。

パーキンソンの法則は、この提唱が謳われるようになってから、世界各国にて専門書や解説書などが数多く販売され始めました。

ここでは、そんなパーキンソンの法則の、第一法則・第二法則の特性や違いをまとめて参考にしてみましょう。

 

パーキンソンの法則・第一法則って何?

 

パーキンソンの法則・第一法則とは、「毎日の仕事の量は、与えられた時間を費やすまでに膨張する!」といった意味合いを持ち、提唱されています。

パーキンソンの法則・第一法則は、時間があればあるほどに、その仕事をやり続けてしまい、効率が悪くなったり、精神的な面での負担が大きくなってしまうといった、ネガティブな意味合いが伝えられているんです。

日々忙しく仕事をしていると、時間があればあるほどにダラダラと同じような業務を繰り返し、結果的に何もメリットがないといった経験、ビジネスマンには多いのではないでしょうか?

パーキンソンの第一の法則は、限れらた時間を有効に活用しながら、仕事の効率化を考えて業務を進めていくための指標のようなもので、業務を完了させるまでの時間配分の上手なやりくりを、自分自身に身につけていける法則としても知られています。

 

パーキンソンの法則・第二法則って何?

 

次に、パーキンソンの法則・第二法則の特性や意味合いについてご紹介しましょう。

パーキンソンの法則・第二法則とは、「支出の額は収入の量に達するまで膨張する!」という、ライフスタイルの要となるお金の使い方・金銭感覚のケアができる意味合い・提唱があります。

こちらの提唱は、得る収入が多ければ多いほどに、支出も増え続けるという、とてもわかりやすくてシンプルな内容。

たとえば、月の収入が20万円のビジネスマンがいたとしましょう。

この場合は、その月に支出できるお金が20万円になりますよね。

このビジネスマンがお金のやりくりが苦手で、貯金をする習慣がなかったのに、月に30万円の収入に増やせた場合、プラスされた10万円分をっ貯金できるかどうかは予想ができないですし、実際に貯金する習慣を急に持つことは難しいもの。

パーキンソンの法則・第二法則は、どれだけ収入が増えても、結果と舌すべてのお金を消費してしまう法則のことをいい、この提唱に当てはまるビジネスマンはとても多いため、お金の使い方ややりくりを見直そう、という目的や意味合いが込められているのです。

 

パーキンソンの法則にもしや当てはまる?今すぐにできる対策とは

 

パーキンソンの法則は、第一がビジネス、第二がマネーに関する習慣についての提唱となっているので、自分にも当てはまる部分があると不安になってしまったビジネスマンの人は多いのではないでしょうか?

実はパーキンソンの法則は、第一・第二のマイナスな意味合いをしっかり理解し、次のような対処法を習慣付けていけば、ビジネスでもお金の使い方の面でも上手に効率化・やりくりをスムーズにしていくことができるんです。

ここではさっそく、パーキンソンの法則にダイレクトにアプローチできる対処法を参考にしてみましょう。

 

デッドラインを決めてプレッシャーを持たせる

 

パーキンソンの法則、第一の対策に効果的なのは、時間がどれだけあっても、自分自身で締め切りを決めてしまう方法。

デッドラインを意識していると、その時間までにやり遂げなけれあならないといった意識が脳にインプットされるため、ビジネスマンにとって良いプレッシャーになり、集中してスピーディーに業務を進めていくことができます。

 

自動引き落としで貯金をする

 

パーキンソンの法則、第二のマネーに関する習慣を改めるためには、毎月決まった日に自動的にいくらかのお金をが引き落とされ、貯蓄できる自動システムを活用することがおすすめです。

自分では何もしなくても、収入が得られた日にあらかじめ決めておいた金額分が自動で貯金されるため、いつのまにか大きな金額のお金が溜まっていた、という嬉しいハプニングも期待できることでしょう。

 

~まとめ~

 

パーキンソンの第一・第二の法則を知っておくと、これからは今までの仕事のやり方・お金の使い方が見直せるようになりそうですね。

自分自身のお金・仕事に関する反省と、大きな目標を持つきっかけに役立つパーキンソンの法則について、さっそくお伝えした詳細をもう一度見直してみましょう。

プロフィール

紫垣亮