IoTが一気に普及!ビジネスやライフスタイルは今後どう変わる?

さまざまなメディアにて、目にしたり耳にすることが増えてきた「IoT」。

注目の専門用語、IoTの特性や仕組み、目的を把握すると、ビジネス・ライフスタイル両方の面でも、いろいろなシチュエーションに応用できるようになるため、その詳細が気になるところ!

ここでは、IoTとはどんな専門用語なのか、実際に活用されているシーンや今後の動向をわかりやすくご紹介していきます。

 

注目の専門用語!IoTとはそもそも?

 

Internet of Thingsの略語として注目されているIoTは、「モノのインターネット」と呼ばれています。

ここではさらに、IoTの特性や仕組みを参考にしてみましょう。

 

IoTの仕組み・意味合いについて

 

モノのインターネットとよばれているIoTは、

 

  • 情報伝達機能を生かしてモノに組み込み、インターネットにつなぐ
  • モノからデータを取得したり、モノそのものを遠隔操作する

 

といった目的や奥深い仕組みがあります。

インターネットというと、今まではパソコンをメインに使った技術が一般的になっていたのですが、2000年代後半に、タブレットやスパートフォンなどのデバイスが普及し、それ以降インターネットに接続する手段・アイテムの裾野がどんどん広がってきているのです。

 

IoTは大きなムーブメント

 

IoTは、インターネットの動画サイトをチェックできるテレビやYouTubeをはじめ、

 

  • スマートスピーカーとして必要とされているオーディオ機器
  • 食品の管理やレシピの考案に役立つ冷蔵庫

 

などなど、わたしたちのライフスタイルに欠かせない家電アイテムまでにもそのムーブメントが伝わり、広く活用されるようになっているため、今後はあらゆるモノがIoTに活かされ、インターネットに接続されて、さらに使いやすい時代がやってくる可能性も予想されています。

 

IoTの実現ではこんなことができるようになる!

 

IoTをビジネスやライフスタイルの応用に活かすことができるようになると、今までは想像できなかったようなシーンにも活用が可能になります。

IoTによって実現できることは、たとえば、

 

  • IoTによってモノ同士の対話が可能に:IoTで離れたモノ同士でも、任意にてデータ送信と受信が可能になる
  • IoTによって今のモノの状態を把握できる:Iモノ同士が離れていても、IoTの遠隔監視システムによって現在の状態を知ることができる
  • IoTでモノそのものを操作できる:IoTで離れたモノ同士を操作し、遠隔操作やリモコンでの操作が可能になる

 

といった実現が可能になるため、テクノロジーはどんどん進化し、機器類のコストを最小限に抑えることができるため、今後は加速度的に普及が高まる予想がされています。

 

IoTは実際にどんなシーンで活用されている?気になる事例をまとめてみました!

 

たくさんのモノに通信機器を搭載しながら、インターネットに接続して、モノの利用価値・必要性をさらに高める目的があるIoT。

ここからは、実際にIoTを生かした具体的な事例をまとめてご紹介しましょう。

 

IoT×無人工場

 

普及がさらに増え続けているIoTと無人工場のつながり。

無人工場では、休日や夜間でも無人の状態で各種のマシンを稼働していることが多いため、IoTを活用すると、正常に動作しているかをリアルタイムで確認できるようになります。

さらにIoTによって動作に異常があった場合でも、人にすぐに情報が届くため、機械の停止も遠隔にて操作可能になるのです。

 

IoT×物流業界

 

IoTは、物流業界でも広く活用されるようになっています。

物流業界では、在庫管理・入出荷管理・配送管理などがメインの業務になりますが、おの運営規模が大きくなればなるほど、人での対応が難しくなってしまいます。

ですがIoTを活用することで、入出庫の自動化や使用期限の管理などが容易になり、効率よく運営を進めながら、ベストな運営状態を維持できるのです。

 

IoT×トイレ

 

大手・中小企業にかかわらず、いろいろなオフィスにも導入されるようになったIoTは、トイレの空き状況をスマホでも確認することができ、ビジネスマンにとってもっとも実用性のある技術として注目を集めています。

今ではオフィスのトイレはもちろん、主要駅や繁華街にあるスポットのトイレなどの位置情報・空き状況を確認できるケースも増えてきているようです。

 

IoTは今後どうなる?動向を予想してみた!

 

IoTの気になる今後の動向は、たくさんの業界で進展されていることもあり、2018年のIoT機器の累積設置台数は、300億台に達しているとの報告があります。

今後は、IoTによって社会の改革が進展する予想がされているため、住んでいる国や地域にかかわらず、IoTの利便性を納得し、身近に感じられる時代がやってくるかもしれませんね。

 

~まとめ~

 

IoTの特性を把握し、普及の波に乗って活用できるようになると、今までは不便と感じていたシーンでも、快適・効率的に過ごせるメリットが実感できるようになるのではないでしょうか。

今後IoTがどのように改革・普及していくのかを興味深く注目しながら、現在の環境に合った導入の検討を始めていきましょう。

プロフィール

呉城勇太