マーケティング戦略の基礎知識!STP分析の特性・活用のメリットとは?

トレンドとなっている新たな商品やサービスを市場にリリースしたり、WEBサイトなどのツールを使ってPRをするときは、その商品やサービスの内容を、いろいろな角度から分析する必要があります。
今回フォーカスを当ててご紹介する「STP分析」は、ターゲットユーザーの興味を惹きつつリピーター化し、商品やサービスの内容を理解・満足してもらうためのマーケティング戦略のひとつとして知られています。
STP分析をビジネスやマーケティングの場で活用するメリットと、アルファベットごとに違う特性をさっそく参考にしてみましょう。

 

そもそもSTP分析とは?重要性を押さえよう!

 

マーケティング初心者の人も押さえておくべきマーケ ティング専門用語、STP分析とは、

 

 

  • Sのセグメンテーション:市場の細分化
  • Tのターゲティング:狙っていく市場の見極めや決定
  • Pのポジショニング:自社のコンセプトや立ち位置の明確化や見直し

 

 

の3つのアルファベットからなる分析法のことをいいます。

トレンドの商品やサービスのPRや、新しいビジネスを展開するときには、その内容や自社の狙い・コンセプトを明確にしておくことが、マーケティングで成功する大きなポイント。

STP分析は、セグメンテーションでの市場の全体像や流れを大まかに把握し、次のステップのターゲティングで特に狙ってPRしていくべき市場を見極め、決定し、最後にポジショニングにて競合他社との位置関係や差別化できるポイントを決定していく流れとなるため、

 

  • ユーザー目線を常に意識したマーケティングができる
  • ユーザーの行動や理想を客観的に把握できる
  • これらにリンクした事業展開が効率化、スムーズになる

 

などの目的や必要性があります。

 

S・T・Pそれぞれにはこんな特性・目的がある!

 

ここからはSTP分析の要となる、S・T・Pそれぞれの特性や役割、ビジネスやマーケティングの場で生かすべき必要性をご紹介しましょう。

 

STP分析のSについて

 

STP分析のS、セグメンテーションとは、同じように見えるニーズを持つユーザーをいくつかの層に分けて分析する方法のことをいいます。

いろいろな角度からの指標を用いて市場を分けるセグメンテーションの作業は、自社のサービス・商品を本当にユーザーが必要としているのかを明確にできます。

またSTP分析のS、セグメンテーションには、

 

  • 人口統計的変数のデモグラフィック
  • 地理的変数のジオグラフィック
  • 心理的変数のサイコグラフィック
  • 行動変数のビヘイビアル

 

の4つに分けられた指標があります。

 

STP分析のTについて

 

STP分析のT、ターゲティングとは、市場の中でさらにターゲットとなる層を細かに分けて絞っていく作業のことを言います。

前項にてご紹介したセグメンテーションは分けることが指標になっていますが、ターゲティングはとの違いは、細かに分析された市場を絞る作業となり、

 

  • 無差別型マーケティング:市場の違いにかかわりなく同じ商品を提供すること
  • 差別型マーケティング:市場のコンセプトや狙いに合わせた商品やサービスうぃ提供すること
  • 集中型マーケティング:ひとつまたは限られた市場に対してピンポイントでマーケティングをすること

 

という、3つのマーケティング手法が存在しています。

 

STP分析のPについて

 

STP分析のP、ポジショニングとは、セグメントにて競合したサービスや商品を見ながら、自社のコンセプトや立ち位置を明確にするステップのことをいいます。

ポジショニングをマーケティングにて活かせるようになると、競合他社よりも差別化できる強みがあるため、迷いやトラブルを感じることなく戦略でき、ビジネスマンにとってのモチベーション維持にも役立てることができます。

 

STP分析を活かすメリットとは?

 

奥が深いSTP分析ですが、ひとつひとつのステップをこなして使い分けられるようになると、徐々に次のようなメリットを感じる機会が増えていきます。

 

顧客のニーズや理想が把握できる

 

ペルソナともよばれている顧客のニーズ・理想像は、STP分析によって

明確にすることができます。

ペルソナの土台となるユーザーの求めるサービス・内容を整理しながらマーケティング戦略に活かすことができ、細かに分散された情報もまとまりやすくなるメリットがあります。

 

競合を避けたり差別化できる

 

マーケティングでは競合他社の商品やサービスにも意識を向けておくことが戦略のポイントになります。

STP分析を活かすようにすると、競合となる企業・サービス・商品すべての内容や存在自体を意識できるため、自社の強みを生かすアイディアやポジショニング、プロポーション戦略が明確になっていくのです。

 

~まとめ~

 

話題になっているトレンド商品や便利なサービスは、どれもがSTP分析に当てはめることができるます。

そのため、マーケター初心者・上級者にかかわらず、STP分析をすることで得られるやりがい・メリットは、今後のビジネスシーンの大きな強みとなるはずです!

プロフィール

中野和城